地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、三島市・函南町・長泉町・清水町の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

三島市・函南町・長泉町・清水町の地域情報サイト「まいぷれ」三島

まいぷれ三島編集部 三島市・函南町・長泉町・清水町のイベントレポート!

清水中3年生考案! ゆうスイーツ「緑米大福」試食会

若い年代にもPRするにはスイーツ!

「緑米大福」を考案した、清水中3年生の渡部結衣さん

2024年3月12日(火)「ゆうスイーツ 緑米大福の試食会」が、清水中で開催されました。

1年次・2年次では「清水町探究」として、清水町、近隣市町との比較、防災、町の総合計画をテーマに研究。3年次では「町への提言」として、グループテーマ、スライドによるまとめと発表を行い、その中で、清水町の特産品緑米を使った「緑米大福」が選ばれました。

 

考案したのは、清水中3年生の渡部結衣(わたなべ ゆい)さん。

若い世代にもPRできるのは「スイーツ」だと思い、清水町の特産である緑米を使うことを決めた。

「何度か試作をするなかで、お米の浸水時間を変えることがポイントでした。1日つけた緑米をつかった大福が生地もやわらかくて一番おいしくできました。自分が作った大福は食感にざらつきがあったけど、和菓子のまめすけさんが作ってくれた大福は、食感もなめらかでとてもおいしい」とニコニコしながら教えてくれました。

そして最後に、「これをきっかけに、緑米は清水町の特産品ということを知ってもらえるとうれしいです」とメッセージをもらいました。

給食を食べながら、今までの経緯を先生がスライドで説明。

試作品を作った「和菓子のまめすけ」さんのQ&Aを真剣に聞いていました。

試作品の「緑米大福」

先生の「もう一つ食べたい人~」にみんな手をあげていました♪

あんこの甘さもちょうどよくて、皮もやわらかくておいしい!

先生もうれしそう♪

試食後、みんなで記念撮影♪

レシピをもとに「和菓子のまめすけ」が試作!

レシピをもとに、清水町徳倉にある「和菓子のまめすけ」の渡邉紳太郎社長が試作品を手がけました。
生徒たちは試食前に、渡邉紳太郎社長のメッセージ動画を真剣にきいていました。

 

今後は、「清水町 柿田川こだわりの逸品」として商品化できるように、清水町商工会とも連携して準備を進めていくそうです。

Q1 中学生からのゆうスイーツの提案と緑米大福の作り方レシピを見たときの率直な感想を教えてください。

レシピを見てびっくりしたのがお米のことをよく考えているなと思いました。お米は浸水させないといけないということまで考えてレシピを作っているのは大したものだなと驚きました。偉いです。

 

Q2 昨年9月にオープンしてから苦労している点、よかった点があれば教えてください。

苦労している点は、和菓子屋さんはみんなそうかもしれませんが、季節や節句という行事ごとに追われている仕事なので、季節を先取らないといけないことです。お店をオープンしてよかった点は、お客さんとの距離がとても近く感じて、お客さんの声を直接聞けることがすごく楽しいです。

 

Q3 商品開発の苦労や新商品を作るポイントなどがあれば教えてください。

新商品を作るポイントは、まずは自分が食べたいと思う物を作ることが一番で、それを考える時には市場に行ったり、食品を扱っている所に行ったりして「これおいしそうだな」ということを日ごろ頭に入れておくことです。苦労している点は、最初は自分が想像している味になかなかならないことで、そこからどうやって自分のイメージに近づけていくかを考えることが難しいです。緑米玄米を扱うのが初めてで、自分は和菓子の世界で何十年も経験があるが、それでも今回の緑米大福の試作は難しくて、やはり新しい試みは難しいと感じました。

 

Q4 今回、清水中3年生のために、提言を受け、試作品を作ってくれました。事前に何度も試作し、緑米をどんな状態で大福に入れるかを試行錯誤してくださいました。今回の取組に対し、清水中3年生へのメッセージをお願いします。

中学3年生の皆さんは、これから高校や大学に進んで行くと思いますが、経験を積まないとわからないこともいっぱいあり、また、経験を積んでいてもわからないことがあるから、人生は試行錯誤しながら頑張って前に進んで行ってほしいと思います。

「和菓子のまめすけ」さんではすでに商品化されており、毎日「緑米大福」が店頭に並んでいます。(売り切れ次第終了)

 

和菓子のまめすけ

和菓子

こだわりあんこの和菓子

駿東郡清水町徳倉1881-1

編集後記

町の子ども達の考えたアイディアを、町の大人たちが一緒に形にしていくことは、その町の今、そして未来を豊かにしていくことだなと感じました。

レシピを考案した渡部結衣さんは、お米を浸水する時間を3回変えて、3回目は2時間つけようとしたところ忘れて次の日までつけてしまい、それが功を奏し成功したそうです。

トライ&エラーを繰り返し、失敗したことが成功につながり、おいしい緑米大福ができたエピソードが聞けたのは、私自身も嬉しかったです。

 

この記事に関するキーワード