静岡県では全国トップレベルで人口の流出超過、とりわけ若年女性人口の流出が起きており、県内35市町のうち11市町が「消滅可能性都市」(若年女性人口が2040年に5割以上減少する都市)と推計されています。
子どもの減少に直結し、人口減少を加速させる若年女性の流出に歯止めをかけることが地方創生のキーポイントとなっていることを踏まえ、若年女性の意識や行動等について実態を探ります。

講座概要

○日時
8月22日(水) 14:00~15:30

○開催場所
三島市生涯学習センター3階 講義室(大宮町1丁目8番38号)

○講師
岩間晴美氏
(一般財団法人 静岡経済研究所主任研究員)

○演題
若年女性の流出問題を考える

○対象者
どなたでも聴講いただけます。

○お申込み
電話、FAX、メール、電子申請で政策企画課まで
お名前、参加人数をお伝えください。
電子申請はこちらから
パソコンからお申し込みの方
スマートフォンからお申し込みの方

講師プロフィール

岩間氏写真
岩間晴美氏
一般財団法人 静岡経済研究所主任研究員
静岡市男女共同参画審議会委員、文部科学省 平成30年度以降の子供の学習費調査に関する研究会員を務める。


執筆された論文、レポート
・若年女性の流出問題を考える
・女性の活躍推進を支える「保育サービス」~子育て女性が働きやすい環境づくり~
・仕事と子育ての両立支援の取組み   等